【外部リンクツール】被リンクをチェックできるAhrefsを簡単に説明していきます!

Ahrefsイメージ

SEO対策にかかせない外部リンク対策で使えるツールをご紹介していきます。

Ahrefsをご存知の方も多いかと思いますが、かんたんに解説をしていきます。

ちなみに日本の外部リンクチェックツールは、Ahrefsがスタンダードらしいです。

Ahrefsの使い方

使い方は非常にシンプルで調べたいURLを入力してオレンジ色のボタンの被リンクをチェックをクリックするだけです。

完全一致URLでチェックすると調べたいURLのみの被リンクを調べることができます。

ロボットやスパムではないかの確認のテストが出てきますので、正しく答えると被リンク情報を見ることができます。

Ahrefs,使い方

被リンクの数や被リンクしてもらっているドメインの数などが表示されます。

被リンク元の詳しい情報は、URL評価という数値の高い順から最大100個まで表示されます。

パラメーターになっているURL評価とドメインパワーという評価は、原則高ければ高いほど良いとされています。

今回は筆者のブログを参考までにチェックしてみました。

法人からSEO対策を何件も依頼が来るほどに研究していますので、日本のブログではぶっちぎってスコアが高くなっています。

今後さらにドメインパワーが高くなるように対策をしましたので、大企業のトヨタや内閣に近い数値になる可能性もあります。

少し話が脱線してしまいましたが、ぜひ1つの指標として参考にして頂けたらと思います。

このチェックツールは自身のサイト以外にも使うことができるため、競合相手の分析などにも使うことができます。

筆者はまず記事を書く前に検索キーワードの選定をするのですが、Ahrefsを使って競合相手の強さを測ってリサーチをしています。

競合相手の外部リンク対策が強力すぎるとどんなに良いコンテンツでも検索で上に表示されにくいと考えているためです。

Ahrefsの料金プラン

Ahrefs,プラン

有料プランは一番安くて月額99ドルとまずまず高い金額となっています。

一番高いプランで月額999ドルとさすがにSEOの会社を運営でもしていないと利用できない金額です。

最近は円安が進んでいますので、いつも以上に費用が高くなってしまうのも悩みどころです。

詳しくは、公式サイトに掲載されていますので興味のある方は下記リンクから見てみてください。

https://ahrefs.com/ja/pricing

有料プランはコストが高いですが、その分性能がすごく競合相手の被リンクのデータをすべて見ることもできます。

1週間のトライアル期間もあるので、このトライアルをうまく使うのもいいと思います。

※現在1週間のトライアル期間は無くなっています。

内部リンク対策をかんたんに調べることができるツールもありますので、こちらも紹介しておきます。

【SEO対策ツール高評価】内部リンク対策チェックツールの高評価のご紹介!

ぜひどちらのツールもうまく使いこなしてみてください。

以上、Ahrefsについてのかんたんなご説明でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。近々Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開する予定です。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始一か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。