【VSEO】YouTuber必見!VSEO対策の基本をご説明

VSEOイメージ

YouTubeで見たい動画を検索すると、上位に出てくる動画。

あれはなぜ上位表示されるのか気になりませんか?

今回は、「自分の動画が上部表示されたらもっといろいろな人に見て貰えるのに…」「自分よりしょぼい動画なのになんで自分より上位に表示されるんだ?」などのお悩みを抱える動画投稿者の方必見の、動画検索上位表示(VSEO)をするためのコツをお伝えしたいと思います!

VSEOとは動画プラットフォームの検索エンジン最適化を指していますが、現在の大枠な意味としては全ての動画プラットフォームではなくYouTube内での検索エンジン最適化の事を指す場合が多いです。

今回の記事でもYouTubeむけの動画検索最適化の内容をお伝えしますが、プラットフォームに合わせた内容ではなくても別のTikTokやニコニコ動画、Vimeoやbilibili等にも通じる部分がありますので、動画投稿者としてはチェックして損はありませんよ!

また、現在のVSEOについては手法はある程度理解できるものの、案外自分の収益化しているジャンルなどではブルーオーシャンだったりする可能性があるので、マーケティング目的で手を出すのはやりやすいと言えます。

動画でのアプローチはよりユーザーにわかりやすくリアルに伝えることができるので、商品の良さなどをしっかりと伝えることができます。

動画説明文にリンクなどをつけることで動画内でプロモーションをして購買につなげたりというケースに使ったりできます。

単純な動画の収益化だけでなく、動画人気に左右されずに高いCVを生み出す手段としても注目されています。

VSEOの概念、どんな動画が上位表示されるのか

VSEO,上昇イメージ

さて早速動画投稿者必見のYouTubeでのVSEOの情報に入りたいと思います。

YouTubeにVSEOという概念があるのはそもそもYouTubeの運営元が検索エンジン最大手のGoogleであるためにYouTube内でも同様の検索エンジンを利用して結果を返してると思われているからです。

そのため、Google検索エンジン対策であるSEOをそのまま適応しやすく、目的を顧みなければ一番規模の大きいYouTube向けの検索対策がVSEOと呼ばれているのです。

Googleの検索エンジンと同等という事は、上位表示されやすい理念も同様になります。わかりやすく、見つけやすく、必要な情報があって、ユーザーの役に立つ求めている情報がある。

今現在のSEOをとても端的に言ってしまうとこんな感じです。

あくまでGoogleはこういうユーザーライク、ユーザーファーストな記事を評価するよとしか言っていないのでそもそもそれをYouTubeに当てはめてそのままできるの?という疑問は

SEOの事を知っていて実際動画投稿をしている人であれば気付くかもしれません。ですが実際のSEOの概念でもどんな記事でもユーザーの役に立つ、ためになる事や悩みを解決することが上位になっているわけではないので

同じ事がYouTubeにアップする動画でも言えるわけです。

実際上位表示されやすい動画の条件として目につくのが

  • きちんと最後の方まで再生される
  • 高評価の数が多い
  • タイトルや説明文で見せる努力をしている
  • サムネイルの完成度が高い
  • チャンネル登録数が競合相手より多い

こういった条件があります。

実際にVSEOに着手する場合は動画の内容もそうですが投稿の仕方、投稿する時間やユーザーアクションへの導線なども全て関わってきます。

それらの内容を踏まえたうえでの投稿ができるように解説をしていきたいと思います。

上位表示VSEO対策!動画投稿編

VSEO対策イメージ

さてまずはすでにある動画投稿内容からでも改善が可能なVSEO対策を説明していきます。

動画投稿時にできるVSEOは主に

  • 動画タイトル
  • 動画説明文
  • 動画タグ
  • コメント

このうち上の3つは明確にキーワードに寄せることが大切です。

記事を書く時のタイトル本文などと同様ですね、タイトルは動画の内容の情報を出来る範囲で明確に入れましょう。

メインで上げたいキーワード、出来れば関連したワードやメインのサジェストワード、そして動画の目を引く(見たくなるような釣りじゃない)ワードの3つを盛り込むのがいいでしょう。

またメインキーワードもメディア記事と同様で出来る限り先頭もしくは早い段階で出すようにしてください。

そして説明文は動画がどういう内容なのかある程度しっかり入れるべきです。もちろんそこに、上げたいキーワードもしっかり含めてください。

この辺りは通常のSEOとやることは大差ないと思うので

しっかりユーザーに伝える、もしくはパッと見て興味がある知りたい情報であることがわかることで、クリックや再生をしてもらいやすくなります。

また、説明欄についてはキーワード以外にもいろいろな事を盛り込めます。

特に良いのが動画に対するチャプター(ブログの目次と同様で〇:〇〇から始まる内容の項目にジャンプできるようなもの)を作成してつけることです。

必要な情報がどこにあることがわかる、というのは見る側からしてもユーザビリティ的にいいものです。ただ全部が全部細かくしてしまうと動画の中身を確認する必要がなくなってしまうのである程度大きめにチャプターは取るようにしましょう。

イメージとしては動画の長さにもよりますがだいたい5~10分ごとに区画を持つ感じです。

もちろんこれ自体が当てはまりづらい歌ったり踊ったり自分が何々してみた系のものもありますが動画内容に応じてうまく作れないか、見せられないかを工夫してみてください。

またその際の目次の項目も説明文のキーワードと同様である程度どんなことをしているのか、何があるのか、上げたいキーワードを含むものも入れてチャプタータイトルにも含めるべきです。

また、YouTubeアナリティクスなどで動画の再生されてるか所を確認して

そしてVSEOで大切になるのがYouTubeの動画投稿タグです。タグの最適化はブログ記事などでもありますがYouTubeの場合既に存在しているタグ、投稿が多いタグで関連するものを追加しましょう。

ここの最適化を行う事で、通常のキーワード流入とは別にアクセスを狙うことができます。タグの選び方としては当然自分が投稿を行うジャンルの再生数が高い動画を参考につけつつ、こちらもサジェスト的なタグを登録していきましょう。

参考にしたい動画からCTRL+Uを入力するとページのソースが表示されます。

そこでCTRL+Fを入力すると検索が表示されるので、そこでkeywordsと打ち込むとその動画のタグを検索することができます。

VSEOキーワード

ちなみにタグでのサジェストはやりすぎると問題になったりしますので注意してください。

例えばとあるバーチャルユーチューバーがタグで無関係だけど人気なほかのVtuberのタグをつけて炎上しかけたことがあったりしますし、YouTube側での規約的にもスパム行為とみなされてしまう場合があります。

なのでタグについてはある程度慎重気味に選んでください。参考にするなら同ジャンルの上位動画投稿者ですがまるっきり同じにしてしまうとその人に勝つのは難しくなるのでそこでサジェストタグをうまく生かしましょう。

そしてこのタグは説明文内でも#を用いたハッシュタグとして利用できるのでこちらもできれば盛り込んでいきましょう。

ただSEOと同様に過剰にやりすぎるとスパム扱いされたりペナルティもあります。

この辺りのさじ加減は、あくまでYouTube側の判断なので明確にはできませんがやり過ぎは禁物、自分で見返すだけでなくよくYouTubeを利用する身内の方などにも見て貰い客観的な意見をもらうのがいいでしょう。

最後にコメント機能です。

コメント機能をオープンしてしまうと気分的にも冷やかしや余計な一言のような悪いコメントがついたりするデメリットもありますが、コメントが多いというのも動画の評価を高めるのに影響があります。

また、あまりいいことではありませんがべた褒めではない当たり障りの無いコメントの自演などを行う事で多少の水増しをすることも可能です(くれぐれも言いますがグレーな事です)。

ある程度コメントがにぎわうような仕掛けを作ったり、チャプターをコメントで投稿したり、というようなコメントが増える工夫も必要ですが悪いコメントが付くのを強い心で無視してコメントはオープンにしましょう。

そしてコメントが付いた際にコメントに返信をつけていくのも活性化のきっかけになりますので良いもの、悪いものを問わず出来るだけ返信しましょう。

上位表示VSEO対策!動画制作編

動画制作,イメージ

さてこれから作成する動画については絶対にVSEOを意識していきましょう!

動画の作成時にできることも結構多いです、そしてより見られるようにする事もVSEOの評価としては大きいので絶対に頭に入れていきましょう。

動画作成時にできるVSEOは主に

  • サムネイルの工夫
  • 動画内容の構成と工夫
  • YouTubeエンゲージメント
  • 関連動画

になります。

サムネイルの工夫についてはまず何より目を引くサムネイル、しっかり動画の内容がわかるサムネイルをきちんと用意する事です。

動画投稿サイトにはほぼカスタムサムネイルという、自分で設定するサムネイルをつける機能がありますのでこちらを利用して動画の内容で目を引くようにしましょう。

デザインなどが苦手な方はシンプルに文字だけでいいのでどういう動画なのかが並んだ時に見えるように、またインパクトのあるシーンの切り抜きをバックに使うような形がいいでしょう。

チャンネル登録者数が増えてきたらそこまで手間をかけなくても再生数は伸びると思いますがそれでも新規視聴者を獲得するのには重要です。

デザインなど加工が得意な場合にはより凝ったものにしてもいいと思います。

次に動画内容の構成についてですが前項のチャプターの所でも話した通り大まかに区切りたくなる構成というのを考えて動画を作成した方がいいです。

投稿ではなく生配信のアーカイブ等の時には構成を考えなくても大体構成しやすいポイントがあるので問題ありません。

また、構成の時点で最初には出来るだけチャンネルをブランディングするあいさつ、その動画のメリットやチャンネル&動画の伝えたい内容などを入れて15秒以上再生してもらえるようにしてください。

これは実際にユーザーが動画を見始めずに戻ってしまう一番多い離脱時間に基づいた戦略になりますまず15秒以上見せて、チョッキもしくは別関連動画に飛んでしまうのを防ぎます。

そして最後には必ず…とまでは言いませんができる限り高評価&チャンネル登録のお願いを入れましょう。登録者数や高評価は動画の評価及び再生数に直結します。それはつまりVSEOにも直結するので毎回必ず入れましょう。

また、もの申す系動画などで必要になるのが検索エンジンと同じでE-A-T(専門性、権威性、信頼性)について高めることです。情報の出どころなどは必ず信頼できる、ネット上のデマを取り上げていないかどうか?などについては気を使いましょう。

きちんとした動画を作成していく事も当然大切です、釣りや炎上系などは一時的な再生数は増えるかもしれませんが上位表示はもちろん収益化等にも悪影響を及ぼすので行わないでください。

また動画内でもきちんと上げたいキーワードについて言及するのも大切です。動画の内容をどこまで見ているのかは不明ですが、実際にキーワードが意味があるという話もありますしユーザーに動画を見て貰うためにもなります。

また合わせてYouTubeエンゲージメントについても意識しましょう。

今までの話の中と被ってしまう部分もありますがYouTube自身のアルゴリズムともいえるのがYouTubeエンゲージメントです。ここはVSEOの中でも動画ならではの内容が盛り込まれております。

考えられているのは

  • 動画リストからのクリック率(サムネイルの工夫部分)
  • 視聴開始者の視聴維持率(動画内容の構成)
  • 動画の評価数高評価低評価ともに(動画内容の構成)
  • 視聴者のフィードバック(違反報告等)
  • コメント数(コメント機能)

これらになります。実際の効果のほどについては定かではないけど影響がある、と取られている動画に対しての評価ポイントです。

SEOでも検索画面のCTRなどは評価に入っているのではないかといわれているのでそういった要素と同様ですね。

これらの要素はきちんと気を付ける、継続して良くしていく必要があります。

また終了時の関連動画についても大切です。

終了時の関連動画は自分の動画以外も設定ができるので、同じキーワードで上位の動画を上げることでそのキーワードに対して関連性があるコンテンツだという認識をYouTube側で持たせられます。

ただし設定可能なのが1種類のみなのでここは自分のほかの動画を紹介したくなるところ…、というわけでここはVSEOで力を入れる上位のみの対応にしましょう。

また、その際に自分のチャンネルの動画だけでプレイリストを作成しておくとそちらの設定も行えます。ある程度カテゴライズしたリストをいくつか持っておくか、この関連動画で他の上位表示者の動画を紹介する際に作成しましょう。

YouTubeでマーケティングしたい際にも、上位表示出来る動画を用意して、登録者数や動画の評価を上げておきCVを目指す動画とVSEOを目指す動画は分けて両取りを目指さずに行うほうが確実性が高いです。

上位表示VSEO対策!チャンネル最適化編

チャンネルイメージ

当然チャンネルページのVSEO最適化も効果的です。

必要な内容としてはチャンネルコンセプトの説明、ユーザーが見てどういうチャンネルなのかどんな動画があるのか理解しやすいこと。

そしてチャンネルまたは動画で上げたいキーワードを含んだチャンネルの概要。ここはいくつかのメインワードを含んでも問題ありません。

またユーザーに興味を持ってもらうための自分の紹介、きちんとしたものでもネタ狙いでも問題ありません。何もないよりは何か書きましょう。

そしてチャンネルの情報、更新ペースや投稿時間が定期的なら更新情報を載せたり別のチャンネルや取扱カテゴリの情報、自分が運用しているチャンネルに関わるSNSやメディアなんかの関連リンクを載せておきましょう。

チャンネルの概要ができたら今度は再生リストの作成です。こちらは5本ぐらい動画投稿をしたら徐々に作成していくのがいいです。

関連動画の所で少し触れましたが投稿しているカテゴリごとのリスト、そして自分のチャンネルの更新順のリスト、またほかにも数が増えてきたら人気動画のみのリスト等も作成してみるといいでしょう。

他にも自分のだけではない上げたいキーワードの上位動画をまとめたリストなどもあっていいと思います。もちろんその中に自分の動画も含めておいて動画の関連性を高めましょう。

またヘッダー画像やチャンネルアイコンの設定など目を引くのもいいと思います。ヘッダー画像はコンセプトもわかりやすいように含まれているといいですね。

設定を行ったら必ず自分でPCと携帯で見て確認してください。

チャンネルページのSEO対策、ユーザーファーストな最適化は最優先ではありませんが概要だけは最優先で対応してください。

VSEO対策を行うに当たって

シミュレーション,イメージ

ここまでVSEO対策のやり方を解説させていただきました、しかし全てがどんな動画にも当てはまるわけでもないですしまた目的ははっきりと持っておくべきです。

少なくとも先ほど記載したようにCVを上げたいのかそれとも認知度やチャンネル登録を促したいのか、について決めてそれに合わせてVSEOもどこまでやるかを考えるべきです。

また、冒頭で話に上がった動画を使ったプロモーションの際にも結局VSEOの手段と同等にしっかり見て貰うという目的を達成することができます。

また、VSEOを行うのに便利な無料ツールもあります。

vidIQ Vision for YouTube

こちらはChrome向けの拡張機能ですが検索ボリュームと競合数の多さをスコアで表示してくれます。

どういった動画ならYouTubeでの検索ボリュームは多いけどそんなに動画数(競合)が多くないもの、収益化を目指したいキーワードを探したり自分の上げたいキーワードに対してどれぐらい力を入れて行けばいいのかがわかります。

これから動画投稿を増やしていく際にどんなジャンルの動画を投稿すれば数字が取りやすいか等の参考にして開拓をしていくのがいいでしょう。

YouTubeの動画投稿で設定できるものは多いので面倒に感じるかもしれませんが、少なくとも今回紹介した部分は押さえて設定を行ってください。

VSEOを意識した動画を投稿し続けることで、登録者数や再生数、動画への評価も増えて収益化やYouTubeのパートナープログラムにも申し込みしやすくなります。

そうすることでさらなる収益化も狙うことができるので動画投稿でマーケティング、プロモーションを行う場合にも急がば回れで必要な事を積み重ねていきましょう。

最後にYouTubeについてのまとめ記事をご紹介させて頂きます。

【YouTubeの始め方】YouTubeの配信や運用を基礎から徹底解説!

以上、VSEOについてのご説明でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページのみ作っております。ご興味のある方は、nextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますのでそちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。