【YouTube収益化】YouTubeの広告収入の条件をご説明

収益化イメージ
YouTubeイメージ

YouTubeの収益である広告収入は、みなさん一度はお聞きしたことがあるはず。

ユーチューバーに夢があるのは、まさに広告収入のおかげでブレイクすれば一攫千金が狙えます。

今回の記事では、そんな広告収入の条件や仕組みについてを説明していきます。
YouTubeで収益を上げていきたい方や収益化に興味のある方はぜひ読んでみてください。

YouTubeの収益化!YouTubeパートナープログラム

YouTubeで収益を上げるには、YouTubeパートナープログラムというものに参加する必要があり、動画から収益を上げたりサポートを受けることができます。

参加条件は、

・チャンネルの過去12か月間の公開動画の総再生時間が4,000時間以上である。

・チャンネル登録者数が1,000人以上である。

・YouTubeが定める収益化ポリシーに準しているか。

・18歳以上である事。

・リンクされているAdSenseアカウントを持っている。

をクリアしている必要があります。

YouTubeヘルプより引用。

YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格

またYouTubeパートナープログラムに加入すると、クリエせイターサポートチームとコピーライトマッチツールを利用できるようになります。

どちらのツールもYouTubeで問題が起きた時に助けてくれる機能となっており、どうやらクリエイターを金銭的な面で困らないようにサポートするためにできたツールのようです。

せっかく収益化できても何かの問題のせいで収益が受け取れなくなってしまっては、クリエイターが動画の配信を維持できなくなるのを防ぐのが目的のようです。

そのため、視聴者を喜ばすために質の高い動画を公開することも大切ですし、YouTube内の動画検索の対策やSNSやブログなどでの宣伝なども重要です。

目標設定も大事で、何年くらいかけたりどのくらいの収益を狙っているかで戦略なども変わってきます。

チャンネル登録者数で平均的な月収もGoogleで調べると出てくる時代になったので、YouTubeを今から始める人は目標設定をしっかり考えてみてください。

それと、広告掲載にふさわしくない内容(法律違反や差別や暴力などの迷惑行為など)は、広告を付けることはできなくなっていますのでコンテンツとして成立したものを動画配信する必要があります。

YouTube パートナー プログラムと広告掲載に適したコンテンツのガイドライン: YouTube の基本ルール(パート 3)

YouTubeパートナープログラムの確認画面

YouTube Studio での収益化: YouTube パートナー プログラム、 ミッドロール挿入点など

YouTubeパートナープログラムは、YouTubeがとても親切に分かりやすくクリエイターにデータを表示してくれます。

一目であとどれくれいか分かる様にしてくれているので、たまに見て確認してみてください。

YouTube Studioのサイトの左側のメニュータブにある収益受け取りのボタンを押すと下のような画面が出てきます。

YouTube収益化確認

すると、収益までの条件がグラフで出たり、プログラムに申し込み可能になったらメールで知らせる設定が表示されたりします。

収益化の条件のYouTubeの収益化ポリシーなども読むことができるので、時間のある時に目を通してみてください。

この画面の条件を満たすと審査を受けることができるようになり、審査にかかる時間の目安は一か月程度とされています。

審査の時間を早める方法はないので、焦らず審査結果を待つ必要があります。また審査で不承認になってしまっても30日後にまた審査の申し込みをすることができます。

それとせっかく審査が通りパートナープログラムに加入しても半年以上動画の配信がないチャンネルは、収益化を無効にする場合があるようです。

収益化できた方は、ぜひその点には注意してYouTube運用をしていただけたらと思います。

チャンネル登録者数と再生時間数の壁はどうクリアするか?

目標イメージ

再生回数の時間のハードルは、総4000時間とそこまで高くはなく3分の動画を3.3万回再生されると4125時間になるため少し人気の動画を1つでもつくると簡単に条件をクリアすることができます。

それよりも難しいのが、チャンネル登録者数1000人を超えることが非常に難しくなっています。

チャンネル登録者数1000人以上のチャンネルは、上位11%から15%くらいとされています。

YouTubeを始める新規参入の方が日本のスマホや機材の発達に伴い、これからまた増えることを考えるとより厳しくなってきます。

そのため、そのジャンルの競合相手のリサーチやSNSやブログなどでの宣伝や情報の拡散など動画作成以外のスキルや人脈なども大切になってきます。実際に筆者は、Twitterやnoteでの情報の拡散やSEOを活かしたブログからのチャンネル登録者数の増加に力を入れています。

ゴールにたどり着くまでの絶対の正解はありませんので、様々なノウハウやスキルを組み合わせてぜひチャンネル登録者を増やしてみてください。

収益化の新指標: インプレッション収益(RPM)

また収益化の条件をクリアした後は、増益しやすくするための様々な機能を使うことができるようになります。参考までにその1つの機能の収益化の指標:のインプレッション収益(RPM)についての動画をアップしてきます。

YouTubeはなぜ広告宣伝で収益を出せるか?

YouTubeの収益化について

YouTubeでは、動画を見る前や動画の視聴中に広告が表示されます。広告主はそこの広告の広告料を払い、様々な商品を宣伝することができます。

下記のYouTube動画で収益化について分かりやすく解説していますので、収益化の仕組みをよく知らない方は視聴してみるとよいかもしれません。

YouTube の広告の仕組み

YouTubeで2020年、一番再生されている動画は海外の音楽の動画で67億回再生されています。そこに広告がついていれば、一つの動画で67億回以上商品を紹介されています。

視聴回数だけ見れば、テレビでも太刀打ちできない程の宣伝力があるかもしれません。

日本のユーチューバーでもコンスタントに10万再生や100万再生以上の動画を動画を上げた数日で超える方は何人もいらっしゃいます。その広告の影響力は想像もつきません。

YouTubeは、パートナープログラムに参加したクリエイターと商品を宣伝したい広告主をマッチングさせることによりYouTubeを運営しています。

なので、YouTubeのパートナープログラムに参加できる人気クリエイターは、広告をつけることができるようになり収益を上げることができるということです。

YouTubeでの収益化は、時代の流れや長時間のPC作業に対応した体調管理など様々なリスクが伴います。

YouTubeの運用は、将来のことなどを考えた上で賢くやっていける方は楽しくやっていけると思います。

下記にYouTubeについてのまとめ記事を貼っておきますので、よければご覧頂けたらと思います。

【YouTubeの始め方】YouTubeの配信や運用を基礎から徹底解説!

以上、YouTubeの収益化についてのご説明でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページのみ作っております。ご興味のある方は、nextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますのでそちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。