TikTokの収益化方法や内部の収益化以外の方法を完全網羅!

TikTok,収益化

ここ数年で爆発的にユーザーが増加しているTikTok。中には一つの投稿で高額の収入を得るTikTokerも現れています。

「そこまで行かなくても、お小遣い稼ぎくらいできないかな?」と考えている人も多いのではないでしょうか?そこで、今回はTikTokの収益化の方法を徹底解説しました。

TikTokとは

TikTok,ロゴ

TikTokとは、最短15秒から最長3分の動画を投稿する「ショートムービープラットフォーム」です。2017年に中国のByteDance社が開発・運営を行っており、主にスマートフォンユーザー向けのサービスとして展開されています。

ちなみに、中国本土版(抖音短視頻)と国際版(TikTok)の2種類があり、互いに動画が混じることはなく、フィルターの種類やアプリの機能にも差があります。

特別な編集ソフトがなくても、アプリをインストールすれば誰でも特殊加工ツールや、バリエーション豊富な音源を使用することができます。手軽にオリジナル動画を作成することができるということから、10代を中心に若い年代に人気のサービスです。

アプリがインストールされていない環境や、アプリがリリースされていないパソコン環境からでもURLにアクセスすることでブラウザから動画の視聴、ダウンロードのみ可能ですが、アプリのように動画を編集したりする機能はありません。

アプリを開くと、いきなり動画が再生される仕様になっています。おすすめされる動画は人工知能技術を使用してユーザーの興味や好みを分析し、各ユーザーにパーソナライズされたコンテンツが表示されるのが特徴です。

収益化の仕組みと種類

話題のTikTokですが、動画を投稿すると、収益化につながることもあります。収益化する方法は以下の4つです。

投げ銭

TikTokではLIVE配信専用の投げ銭機能が導入されています。20歳以上の視聴者はLIVE配信中の動画にギフトを送ることが可能で、バーチャルギフトをTikTok内で購入することでギフトを送ります。配信者は投げられたギフトを現金化することで、収益を得ることが可能です。

TikTokでLIVE配信をするためには、一定の条件をクリアする必要があります。公開されている条件は以下の通りです。

  • 16歳以上のユーザー
  • TikTokが定める基準をクリアしていること(内容は非公表)

定める基準は、フォロワー数やコンテンツ内容など、動画そのもののパフォーマンスと、コンプライアンスに反していないかといった権利の条件が元になっているようです。

また、注意すべき点は、投げ銭をできる視聴者は20歳以上でなければならない点です。ターゲット層をうまく設定しないと、投げ銭ができるユーザーにリーチしない可能性があるので、ユーザーリサーチとそれに合わせたコンテンツ作成は慎重に行いましょう。

企業案件

企業案件,イメージ

フォロワーが多く、人気のTikTokerは、インフルエンサーとして企業から案件の依頼がくることがあります。方法としては、動画の中で商品やサービスを紹介することで、企業から報酬を受け取る手法です。企業案件の良いところは、運営を通さないため、手数料が引かれないところ。

相場は自分のフォロワー数や、どのような商品を紹介するか、依頼してくる企業規模などによって変動しますが、1フォロワーあたり5〜10円ほどと言われています。例えば、1万フォロワーいた場合、5〜10万円ほどの案件がくることがあるということです。

特に注目されているTikTokerは、企業からCM出演の依頼がくるなんてこともあるそうですよ。

ただ、企業案件をもらうには、「フォロワーが多い」や「特化したスキルがある」など、注目される強みやポイントを持っていることが重要です。TikTokを始めて間もない場合は企業案件がすぐに入ってくることはあまりないでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、成功報酬型広告と呼ばれるもの。商品を紹介し、その商品の収入の一部を広告主から受け取るサービスのことです。

企業案件と大きく違うのは、商品を紹介してどのくらいの効果があったかによって報酬が変動するということ。多くのフォロワーを抱えているTikTokerであれば、ある程度の勝算を立てることができますが、コンテンツや流行りによって何がバズるかはその時々によって変わります。トレンドを常にウォッチしておくことがとても重要です。

広告収入

TikTokでは、動画を投稿するだけでなく、広告を掲載し、自社の商品を拡散して間接的に収入をアップさせる方法もあります。TikTokは気軽にいいねやシェアができ、拡散力が高いです。さらに、10代や20代の若年層の利用率が他のSNSと比べて多いことから、他の媒体ではアプローチしにくい層にも広告をみてもらえる可能性が高まります投稿可能な広告の種類は以下の通りです。

  • 起動時画面広告:起動時に画面全体に表示される
  • インフィード広告:おすすめ投稿に表示される
  • タグチャレンジ広告:企業側でテーマとなるハッシュタグを用意し、ユーザーにテーマをもとに動画を作成してもらう
  • 運用型広告:ユーザーの一般投稿にブレンドされて配信され、TikTok以外のアプリへ広告配信が可能(初めての方向き)

なお、TikTok広告の費用は他のSNS広告に比べて最低出稿金額がやや高いです。(1ヶ月の出稿料金は最低でも10万円くらいからと言われています。)代理店を使ったりすると、さらに手数料がかかる場合もあります。

また、一度申し込みが成立すると、コンテンツの納期が間に合わず、配信できなかった場合にも全額費用負担をしなければいけないなど、リスクが伴うことも。まず最初はスモールステップから、短い期間でトライアルを試してみることをおすすめします。

外部ツールへの誘導

SNSイメージ

TikTokを外部ツールへ誘導する手段として利用し、収益化する方法もあります。

YouTubeへ誘導して広告収益を得る

YouTubeは動画を配信し、その視聴者や高評価数、チャンネル登録者数で広告収入を得ることができます。その導線としてTikTokを使うのはとても効果的です。例えば、YouTubeに投稿した動画を60秒以下に編集してTikTokに投稿し「続きはYouTubeへ」と動画を宣伝します。

TikTokにはフルアテンション=ながら視聴ではない、コンテンツに集中している状態のユーザーが多いと言われており、他SNSへの導線としては抜群に集客効果が高いと言われています。

TwitterやInstagramに誘導して商材を購入してもらう

直接、会社や個人で販売しているものの宣伝をするのも効果的です。ただ、ユーザー層が若いので、ブランドものや家具などの大きくて高価なものの広告には向いていないでしょう。

TikTok収益化でどのくらい稼げるのか?

TikTokは、フォロワー数が増えれば増えるほど収益化できるチャンスも多くなります。世界では、4000万人以上のフォロワーを誇り、なんと1回の投稿あたり1900万円を稼ぐなんて人も!

少ない投稿数で高額の報酬をゲットするには、最低でも2000万人以上のフォロワーが必要で、加えてその人にしかない注目ポイントやスキルを持っておくことも重要とされています。

なお、ライブ動画での投げ銭機能は実装されたばかりで、これから伸び代があると言われています。そのため、フォロワーを集めながら投げ銭をしてくれるような熱烈なファンの獲得と育成もこれからTikTokerになろうと思っている方にとって大切なポイントとなるでしょう。

収益化の基準

ここまで、さまざまな収益化の方法や、どのくらいの収入が最高で期待できるのかをみてきましたが、収益化をするには地道にフォロワーを獲得していくことが絶対条件となってきます。TikTokの収益化について明確な基準は公開されていません。

高評価の数、コメント数などの動画のパフォーマンスが審査対象になる可能性もあります。つまり、TikTokで収益化を考える際には「フォロワー数」「総再生回数」「総コメント数」「総いいね数」を増やすことを念頭に置いて戦略を練ることが重要です。

収益化のための対策方法

独自性のあるコンテンツを作成する

TikTokは、数秒の間に動画への興味を持ってもらわなければなりません。また、TikTokは、投稿が手軽にできるため、他のSNSと比べても配信者が多く、競合がたくさんいる状況と言えます。そのため、他の動画と同じような内容ではスルーされてしまう可能性が高いので、オリジナリティを出すことは重要です。

どんなものがいいねやコメントにつながる、またはフォロワーが増えるのかはやってみないとわからないところがあるので、まずはさまざまなパターンの動画を投稿し、再生回数やいいね数を比較してみましょう。その中から反応の良いパターンを探して継続して投稿すると効率的です。

トレンドなコンテンツを取り入れる

TikTokには流行りがあります。他のSNSや動画配信媒体で流行っているドラマ、映画、音楽を取り入れたものやネタ動画などです。

トレンドものは、投稿する人が多く、少しでも遅れてしまうとみてもらえる可能性は顕著に低下します。そのため、流行り出してからコンテンツを作成したり配信するのではなく、「流行りそう」「流行り出している」と感じたら、とりあえず投稿してみることがおすすめです。

また、フォロワーの多いTikToerの投稿は、新しいトレンドになる傾向があるので、随時チェックしておくことをおすすめします。

インサイトでアカウントを分析する

TikTokは、無料でビジネスアカウントに切り替えることができます。ビジネスアカウントは、TikTok内の機能を利用し自分のアカウントを分析することが可能です。分析できるアカウント情報は以下の通りです。

  • フォロワー数
  • プロフィール表示回数
  • 合計視聴回数
  • 合計再生時間
  • 平均視聴時間
  • フォロワー数の増減

アカウントを分析するのは地道な作業です。しかし、どんな動画を投稿すると視聴回数が伸びるのか、どんな内容を投稿したらフォロワー数が増えるのかなどを細かく計測していくことで、コンテンツ作成の際にとても参考になります。スプレッドシートやエクセルなどを活用して、分析結果がひと目でわかるようにしておくのもおすすめです。

一貫性のある動画を投稿する

フォロワーを獲得するために最も重要であることの一つが、一貫性のある動画を投稿することです。

動画であればなんでも投稿できるのがTikTokの良いところと言えますが、一貫性がないと、一つの動画がバズってもフォロワー獲得に繋がらない可能性が高いです。

例えば、おもしろ系の動画を見たいユーザーからのいいねやコメントが多くついた動画があったとします。ところが他の内容がビジネス系や日常系だったら、「フォローしても、おもしろ動画はあまり見れないかも」と思われてしまいます。フォロワーを増やしたい場合は、テーマを統一しておくことをおすすめします。

適切なハッシュタグを活用する

ハッシュタグは、ユーザーが興味のあるコンテンツを見つけるときに利用されています。

特に人気のハッシュタグから動画を検索するユーザーが多いので、動画を投稿する際にはハッシュタグを必ずつけるようにしましょう。

人気のハッシュタグを知る方法を2つご紹介します。

人気のTikTokerの最新動画をチェックする:人気のTikTokerが付けたハッシュタグは、多くの投稿者が参考にしている可能性が高く、人気のハッシュタグになりやすい傾向があります。

季節を取り入れたハッシュタグを使う:「ハロウィン」や「クリスマス」などのイベントは人気が出やすいと言われています。

フォロワーがある程度いれば、自分で考えたハッシュタグでも勝算がありますが、新規でバズりたい時はまずトレンドを狙うのがおすすめです。

コメント欄の管理

TikTokのコメント欄は、誹謗中傷などで荒れることもしばしば。これはユーザー層が、インターネットリテラシーが低い若い層が多いことも一因と言われています。また、世の中にはさまざまな考え方の人がいるので、予想外のところからアンチコメントが来るなんてことも。

収益化を考えるなら、コメント欄を管理しておいた方が良いです。コメント欄が荒れていると、動画の内容が良くても評価が下がったりフォローを外されてしまう場合もあります。

また、企業が商品のプロモーションを依頼したいと思ったときに必ずチェックするのが、コメント欄です。そこが誹謗中傷のコメントで溢れていたら、炎上ばかりしている投稿者として案件依頼を渋るもしくは契約解除となってしまう可能性も。

そのため、ひどいアンチコメントをしてくるユーザーはブロックしたり、卑猥な言葉や攻撃的な言葉などの特定の言葉を書き込めなくしたりする機能を使って、コメント欄を定期的にチェックし、管理していきましょう。

継続して動画を配信する

動画の本数は多ければ多いほど、収益化のチャンスが高まります。なぜなら、あなたの投稿を目にしたユーザーが他の動画も見てくれたり、フォローしてくれる可能性があるからです。

しかし、本数を増やすだけを目的として、適当な動画を投稿するのは逆効果です。できるだけテーマや、アカウントのブランディングに沿って、動画を継続して投稿してみてください。一定数のフォロワーを獲得できれば、動画を投稿するたびに再生回数が増えていくことが見込めます。

コラボ動画の配信

人気配信者とのコラボは効率よくフォロワーを増やすことができます。

人気配信者とコラボを実現するには、まず、人気配信者をフォローしましょう。その中で他のフォロワーと交流したり、コメントしたりして人気配信者に認知してもらうことが第一歩です。

その後、親交を深めて行って、ある程度の信頼関係が築けたら、コラボ動画の配信を依頼してみましょう。

もしコラボが実現しなかったとしても、人気配信者のアカウントをユーザー目線で分析することはフォロワー獲得のための要素が得られることもあるでしょう。ぜひ人気配信者の投稿は分析がてらフォローして、コミュニティーに積極的に参加してみてくださいね。

他のSNSも利用して宣伝

TikTok内だけでフォロワーを増やすのは、ハードルがとても高いです。TikTokには、他のSNSとの連携機能があるので、積極的に連携させましょう。以下、効果的な連携例です。

  • YouTube:YouTubeチャンネルリンクが表示され、TikTokからワンクリックでYouTube動画に飛べる
  • Twitter:プロフィールにTwitterアカウントを表示、またはTikTokからTwitterに動画を投稿できる
  • Instagram:インスタストーリーにTikTok動画をシェアできる

収益化までにコツコツやることまとめ

TikTok,目標

まずはフォロワー500人を目指す

フォロワー数500人がまず目指すべき目標です。

この段階で注意する点は「戦略」と「コンテンツ力」です。フォローバックやフォロワー購入などで無理やりフォロワーを増やすこともできますが、それだけでは、アカウントのコンテンツの本当のファンがフォローしてくれているとは限りません。コンテンツが伴っていないと、あとあとフォロワー離脱が著しくなるなどのリスクもあります。つまり、コンテンツの内容を充実させたり、トレンドに沿った投稿をするなど、本質的な手段でフォロワーを増やした方が、その後のフォロワー獲得につながると言えます。

フォロワー1万人まではライブ配信+企業案件で修行

フォロワーが1万人未満の時期は、いわばインフルエンサーの修行期間です。フォロワーが少ないからこそ、さまざまな施策を試しやすい時期でもあるので、アカウントの方向性とトレンド、そして企業からの案件を受けやすいネタなどの分析を行いましょう。

以下、1万人到達までにやっておくべきことをまとめました。

  • ライブ配信:フォロワーの獲得と育成、投げ銭で少しずつ収益化
  • 企業案件:対企業とのコミュニケーションの勉強、企業のニーズを知る、アカウントのブランディングと案件の上手なコラボの戦略を立てる

ちなみに企業案件は、企業からの依頼を待たなくても、インフルエンサー側から営業に行くこともできます。特に中小企業や地元に根付いた企業は、地域を盛り上げるために若いインフルエンサーを起用する傾向が高いので、ぜひコンタクトを取ってみてください。

フォロワー1万人から企業案件で収益化

フォロワーが1万人まで増えれば、インフルエンサーとして本格的に活動できます。それまでは無料で行っていたPRなども少しずつ有料化して行くことで更なる収益アップにつながります。

注意点

TikTokは誰でも使えるサービスに見えますが、気軽に投稿、視聴ができるからこそリスクもあります。

年齢

TikTokは原則13歳以上限定のSNSです。TikTokのサービス規約において13歳未満の人が利用しているアカウントが見つかった場合、そのアカウントを終了させることが明記されています。

個人情報

TikTokは動画投稿がメインなので、動画の背景や近くにあるものから個人情報が流出する危険性があります。

最近は、一般の人でも買える値段で、高性能の画像解析ツールなどがあるので、ほんの少し映り込みでも撮影場所や投稿者本人の特定がされてしまうこともあります。過去の動画配信ツールからの個人情報漏洩の例の中には、撮影者の瞳の中に映っている景色から撮影場所が特定されてしまったというケースも。撮影の際には周囲に情報が特定されるようなものがないか、よく確認しておきましょう。

また、アカウント名から個人情報がわかる可能性もあるので、個人に関する情報をアカウント名に使わないことはもちろん、学校名や建物の名前なども動画やアカウント内で出さないことが鉄則です。

出会い系として使う人もいる

TikTokの本来の使い方は、楽しい動画を共有すること。しかし、中にはコメント欄から出会いを持ちかけるなどといったマナー違反を犯す人もいます。

TikTokに投稿する際、特に顔出しで動画投稿する際は、そういった危険性があることも念頭に置いておきましょう。

ネットストーカーなどの犯罪に巻き込まれる可能性

前項の出会い系のユーザーとのコミュニケーションによっては、行為がエスカレートしてストーカー化する可能性もあります。

ネットストーカーひがいが疑われる場合には、身を守るためにも、個人や知人だけで問題を解決しようとせず、警察や弁護士などの専門知識を持った第三者の力を借りて適切に対応しましょう。

精神的にダメージを受けるようなネガティブコメント

世の中にはさまざまな考え方の人がいるので、動画に対してアンチコメントがついてしまうこともあります。

その中でも、悪口や誹謗中傷ばかりを書き込むような人もいます。ネガティブなコメントが続くと、フォロワーも投稿者も精神的負担が大きくなるので、エスカレートする前に対処しておくことが重要です。過激なコメントができないように、人を傷つける言葉をコメント欄で使えないようにしておくなどが有効な手段と言えるでしょう。

思わぬところへの拡散

TikTokは動画を保存することができるので、TikTok以外のSNSに転載して拡散されてしまう可能性もあります。すると、投稿者自身が意図しない所に自分の顔や姿が晒される可能性があるので注意が必要です。

また、一度ネット上で拡散してしまった動画を完全に消すことは事実上不可能なので、コンテンツや動画での発言、映り込みなどには細心の注意を払いましょう。

撮影時のトラブル

投稿者の中には撮影に夢中になるあまり、立入禁止区域に入ってしまったり、意図しない人が動画に映り込んでしまうなど、周囲の人たちとトラブルにつながる可能性があります。

撮影時はよく周りを確認し、動画に映る全ての人に撮影許可、掲載許可を得るなど、トラブルを未然に防ぐ努力が必要不可欠です。

プライバシーポリシーの穴

TikTokのプライバシーポリシーには、「当社は、お客様の情報を、当社のビジネスパートナー、広告主、分析ツールおよび検索エンジンを提供する業者との間で共有します。当社は、法令上必要な場合には、お客様の情報を、法執行機関、公共機関、または、政府機関との間で共有します。」と明記しています。

TikTok-プライバシーポリシー

基本的に法に触れたりしなければ情報開示を要求されることはないですが、プライバシーポリシーは100%ではないことを理解しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?誰でも気軽に投稿、視聴できるTikTok、ユーザーは爆発的に伸びているので、バズれば収益化することも夢ではありません。しかし、継続的に収益化するためにはやはり分析や戦略が大切。焦らず、コツコツとコンテンツ作成やフォロワー、人気アカウントの分析を行いましょう。

また、セキュリティー環境を整えるのも大変重要です。ルールを守り、プライバシー保護に細心の注意を払って、TikTokライフを楽しみましょう。

以上、TikTokの収益化についてのご説明でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

TikTokの始め方についての記事はこちらをご覧ください。

【TikTok】今から始める!TikTokの上手な撮り方、見られる動画を作る為のテクニック!

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページのみ作っております。ご興味のある方は、nextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますのでそちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。