【ブログの守備】プラグインのSiteGuardを導入して不正ログインからブログを守る方法を解説!

SiteGuard,ロゴ WordPress

先日親友のSEの方と話しているとWordPressのログインURLをデフォルトのままにしておくと危ないですよとアドバイスを頂き、そろそろ変更しようとURLを変更するプラグインを入れてみました。

以前は、https://sabory-blog.com/wp-admin/といった感じでまさにそのままですね。

この状態だとクラッキングでパスワードを突破されてしまうリスクが非常に高くなってきます。

WPS Hide LoginというログインURLをかんたんに変更できるプラグインがあるとネットで情報を見つけすぐに変更してみました。

導入してテストでログインしようとすると、真っ白な画面しか表示されないバグが起きてしまい一瞬ヒヤッとしました。

サーバーからの普及を幾度かしたことがあったので、すぐにおおもとからWPS Hide Loginのプラグインのファイルを削除して大事には至りませんでしたが焦りました。

ということで、今回はWordPressのセキュリティについてやバグを起こさずにプラグインを入れていく方法を説明していこうと思います。

SiteGuardなどのプラグインの導入を勧める理由

セキュリティ,イメージ

SiteGuardは、ログインURLを変更できるだけでなくログイン失敗によるログインロック機能や画像認証などもできるため不正ログインを防ぐことに非常に長けています。

せっかくコツコツと頑張ってきたブログを乗っ取られてしまうのは、資産を取られてしまうことに近いためセキュリティ用のブラグインを入れることは必須と言えます。

ログインURLを変更する機能を持ったプラグインをいくつも入れると、プラグインがかち合ってしまいバグが起きやすくなってしまいますのでこの点はご注意ください。

SiteGuardでのログインURL変更方法

SiteGuard説明ページ

SiteGuardをWordPressにインストールして頂くと、WordPressの左側のメニュータブにSiteGuardが表示されるようになります。

SiteGuard,設定

赤丸のSiteGuardをクリックして頂くと、ダッシュボード画面に切り替わります。

SiteGuard,設定2

ダッシュボードのログインページ変更という箇所からログインURLを変更することができます。

SiteGuard,設定3

変更後のログインページ名という箇所に好きな文字列を入力して変更を保存をクリックでログインURLを変更することができます。

文字列を含めたURLを控えておいたりお気に入りしてログインできないといったことが無いようにお気をつけください。

プラグインをインストールから10分もかからずに変更することができますので、まだ変更されていない方はこの機会を機にやってみてください。

以上、SiteGuardを使ったセキュリティ対策についてでした。

本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。
独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。
長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。
ブログ開始一か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。
自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。
2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。

行野 伸一をフォローする
WordPressプラグインブログ
サボリィブログ