【YouTubeスタジオ】スマホ版YouTubeスタジオでデータ収集や管理!

YouTubeスタジオロゴ

PC版のYouTubeスタジオでは、動画の詳細な設定や様々な機能が用意されておりユーチューバーの方には馴染み深いものだと思われます。

今回は、スマホのアプリ版のYouTubeスタジオの機能を説明して管理やデータ収集の効率化をお伝えしていこうと思います。

PCが使えない出先やパソコンを開くまでもない時にスマホからデータの確認やコメントの返信ができるので、作業効率の改善にとても役に立ちます。

スマホ版のYouTubeスタジオのインストール方法

今回は、iPhoneのApp Storeを例に説明していきます。

AppStore YouTubeスタジオ

アンドロイドをお使いの方は、申し訳ありません。

YouTubeスタジオダウンロード

App Storeの検索でYouTube Studioと入力して検索すると上のような画面が表示されます。

この写真では、開くになっていますが入手済みの場合はこのような表記になります。ですので、本来の入手をクリックしてインストールをしていきます。

アプリを開くと次のようなダッシュボードの画面が現れ、チャンネル登録者数や直近の総再生時間やチャンネル登録者数の増減をすぐに確認できます。

YouTubeスタジオ使い方

下にスクロールすると、動画の詳しい再生数やいいね数などと最新のコメントを見ることなどもできます。

YouTubeスタジオ使い方2

ほとんどタイムリーと言っていいほど、動画の再生数の表示の正確性やコメンをYouTubeスタジオから返信することができるのはとても便利で時間や作業の無駄を減らすことができます。

スマホ版YouTubeスタジオでできること

YouTube Studio モバイルアプリの使い方

スマホ版のYouTubeスタジオでできることを簡単にまとめると、

・動画設定の簡易的な編集+動画ごとの詳細なデータの確認

・再生リストの簡易的な編集

・コメントのいいね数などの確認+コメントの返信

・アナリティクス分析、動画までの到達経路や視聴者層の確認などのデータ収集

スマホ版ではできないこともあり、

・動画の字幕などの翻訳設定

・収益受け取りの確認

・YouTubeチャンネルのチャンネルアートや外部リンクなどの設定

などYouTube運用で大切なことは現在のアプリ版ではできなくなっており、

YouTube運用の作業効率化にアプリ版を使うというのが良いようです。

日々のデータ収集やコメントの返信などはスマホ版でどんな場所にいてもすぐに見ることができるアプリ版、チャンネルの設定や翻訳などYouTubeで重要な設定はPC版で使い分けるのがベストのようです。

YouTubeスタジオのスマホ版とPC版の違い

スマホ版のYouTubeスタジオの動画の要素で編集できることは、PC版と比べるとかなり制限されています。

編集できることは、

・サムネイル

・タイトル

・動画の説明

・公開範囲

・視聴者層の選択(子供向けかの選択や年齢制限など)

・再生リストの選択

・タグ

・カテゴリ

・所有するライセンスと権利

・コメントや埋め込みの許可やなどの細かな設定

となっています。

PC版でのみ編集できることは、

・有料プロモーションの有無

・言語と字幕の設定

・撮影日と撮影場所の設定(撮影場所はGoogleマイビジネスに登録されているビジネスの住所が使えるようです。)

・コメントの詳細な設定(表示の順番やコメントの表示までの条件)

・終了画面(動画の終了画面にチャンネル登録ボタンや他の動画の紹介などのアイテムを掲載することができます。)

となっています。

PC版でしか編集できないことは、YouTubeチャンネル全体の運用に関わる内容のものといった感じのようです。

スマホ版で編集できることは、動画の基本的な設定はすべて編集できるといった印象を受けました。

目的や用途に合わせてスマホ版とPC版を使い分け、無駄のない効率化を図って頂けたらと思います。

YouTubeについてのメイン記事はこちらからどうぞ。

【YouTubeの始め方】YouTubeの配信や運用を基礎から徹底解説!

ABOUT US

サボリィ
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。 ブログ開始一か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。