ドメインの古さを調べることができるドメイン年齢のご紹介!

Googleの検索順位にドメインの古さが関係していることは、今ではかなり一般的な情報となってきました。

中古ドメインというものがあったり、ブロガーさんも口をそろえてブログ開設後すぐに検索上位を取るのは難しいと発信されています。

今回は、ドメインを取得した日にちが簡単に調べられるドメイン年齢というツールをご紹介していこうと思います。

ドメイン年齢の使い方

ドメイン年齢の使い方は非常にシンプルでわかりやすいものとなっています。

ドメインは、sabory-blog.comのようにhttps://や最後の/を省いたものを入力する必要があります。

同時に調べられるドメインの数は20個までとなっています。

ドメイン年齢,使い方

ドメインをテキストボックスに入力し、下側にあるドメイン年齢を調べるをクリックしますとすぐにデータが表示されます。

ドメイン年齢,使い方2

サボリィブログは、2021年の11月15日にドメインを取得しましたので正しく取得日が表示されています。

ドメイン年齢というものがまだなんなのかよくわかりませんが取得日を目安にして頂けたらと思います。

ドメインの古さのメリット

筆者はドメイン取得日またはサイト公開からGoogleにインデックスをされて約180~190日ほどでGoogleの評価が高くなると考えています。

さらに日数が経てばSEO効果があるのかどうか現在データの収集中です。

約半年間は検索結果に上位表示されることが難しいことと外部リンク対策がそのまま残っているドメインだとアドバンテージがあるので、中古ドメインという言葉が生み出されたのではないかとも考えています。

なんにせよ感情や思い込みで物事を判断することは失敗に繋がりますので、ドメイン年齢のようなデータを表示してくれるツールはありがたいと思います。

どんな道具も使う人の技量や道具の目利きで成果は変わってきますので、ぜひ上手く使って頂けたら何よりです。

ドメインの古さが見れるランキング

アクセスSEO対策ツールズというHPが提供してくれているパワーランクランキングというランキングでは、ドメインパワーやドメインの古さを見ることができます。

掲載ドメインは約4000ほどありますので、無作為にデータを見たい時はこちらのランキングの方がおすすめです。

独自ドメインだとパワーランクランキングに登録することも可能です。

以上、ドメイン年齢についてのかんたんなご紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページのみ作っております。ご興味のある方は、nextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますのでそちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。