DNSレコードの変更の反映を調べることができるDNS伝播チェッカーのご紹介!

DNS伝播チェッカー,イメージ

ブログやHPを運営したことがあるかたなら一度はDNSレコードの設定やネームサーバーの設定をされたことはあるのではないでしょうか。

早ければ数十分で変更がされますが、長ければ72時間ほどかかると言われています。

サーバーの引っ越しの際に以前のサイトの情報が表示されたりされなかったりとやきもきする場合もあります。

今回は、そんなDNSの伝播状況を確認できるNslookup Tool DNS伝播チェッカーについて簡単に解説していこうと思います。

ちなみにですがDNS伝播チェッカーは日本語に対応していますので、かなり使いやすくなっています。

DNSとは

DNSは、Domain Name Systemの略称でドメインに対応するIPアドレスを教えてくれるサービスになります。

IPアドレスは数字列なので人が見ても判断がつきにくいため、ドメインという文字列になりサイトのURLなどが覚えやすくなっています。

サイトを表示する際に、ドメインをIPアドレスを紐づけて正しくサイトを表示してくれるサービスになります。

お名前ドットコムさんでDNSレコードについての説明がありましたので、ご紹介しておきます。

https://www.onamae.com/option/dnsrecord/

DNS伝播チェッカーの使い方

DNS伝播チェッカー,使い方

DNSレコードの伝播状況を調べたいドメインを画像の赤丸の個所に入力します。

DNSレコードは、AやTXTなどの種類がありますので調べたいものを赤丸の右にあるボックスから選択します。

その後サーチをクリックしますと世界のサーバーへの伝播状況が表示されます。

DNS伝播チェッカー,使い方2

筆者のブログで試してみますと、思いのほか世界のサーバーには浸透していませんでしたがサイトはちゃんと表示されています。

日本や中国など検索結果に表示される国に浸透していれば表示されるのかもしれません。

使い方としては、ネームサーバーやDNSレコードを変更してDNS伝播チェッカーを使い日本のサーバーに浸透しているどうか確認するといった具合でしょうか。

サーバーを引っ越したりネームサーバーやDNSレコードを編集したりした際は、ぜひ使ってみてください。

以上、DNS伝播チェッカーについての簡単なご説明でした。

最後までお読みいただきありがとうごさいました。

ドメインについての記事はこちらからご覧ください。

独自ドメインとは一体何?評判高い独自ドメインサービス4つを徹底解説!

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。近々Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開する予定です。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始一か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。