iPhoneのアプリを間違って消せないようにする方法を解説

アプリ,イメージ

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にPRを含みます。ご了承ください。

iPhoneのアプリを間違って消さないためには、以下の方法を取り入れてみてください。

SafariなどのiPhoneの標準アプリはもともと削除はできずに非表示しかできない点が混乱を招きやすいので、ご注意ください。

アプリの制限を有効にする

iPhoneのホーム画面でアプリを長押ししするとアプリを削除できてしまいますが、アプリの制限を有効にするとアプリを削除できなくなります。

App削除,イメージ

重要なアプリを間違って削除を防ぐことができるアプリの制限方法を解説していきます。

設定をタップする

iPhoneのホーム画面にある設定をタップします。

設定,イメージ

スクリーンタイムをタップする

設定にあるスクリーンタイムをタップします。

スクリーンタイム,イメージ

コンテンツとプライバシーの制限をタップする

コンテンツとプライバシーの制限をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限,イメージ

次にコンテンツのプライバシーの制限をONにします。

ボタンが灰色になっている場合はOFFで緑色の場合はONを表します。

コンテンツとプライバシーの制限,イメージ2

ONにするとコンテンツとプライバシーの制限のメニューをタップできるようになります。

iTunesおよびApp Storeでの購入をタップする

iTunesおよびApp Storeでの購入をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限,イメージ3

次にAppの削除をタップしてから許可しないをタップします。

これでiPhoneのアプリをホーム画面から間違って削除することはなくなります。

アプリを削除できるようにするには、Appの削除を許可しないから許可するに変更することで可能になります。

アプリの制限を有効にした後

アプリの制限を有効にした後でもアプリを長押しすると、同じ表示が出てきます。

App削除,イメージ2

Appを削除をタップすると、次のような画面になります。

App非表示,イメージ

アプリの制限を有効にした後の違いは、Appを削除が表示されるかどうかになります。

Appを削除,イメージ

アプリの制限を有効にしておけば、アプリを長押ししてもアプリを削除するリスクはありません。

ホーム画面から取り除いた場合は、ホーム画面を右に何度もスワイプしてAppライブラリを表示すればそこに取り除いたアプリがあります。

Appライブラリ,イメージ

以上、iPhoneのアプリを間違って消せないようにする方法についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

ABOUT US
行野 伸一
本業は西宮でSEO対策とホームページ制作の事業所を運営しています。 以前は、YouTubeもやっていまして、おうちでかんたんに作れる料理にこだわって動画配信をしていました。 ファビコンのアイコンは、その時の名残によるものです。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEO対策とMEO対策の研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEO対策を研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の長期契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も何十件こなしてもおります。 Nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページは作っております。ご興味のある方は、NextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますので、そちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2024年にに株式会社を設立予定です。 ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。