デジタルはんこを無料ツールで作ってみたので、ご紹介します

はんこ,イメージ

IT化がますます進んでいき、デジタルはんこを見る機会も増えてきました。

筆者は来年ITの会社を設立しますので、そろそろデジタルはんこを用意しておこうと勉強とリサーチをしてみました。

個人名のはんこであれば、かんたんに作成できるツールが普及しているようで試してみると1分もかからずデジタルはんこが作れました。

会社名のはんこの場合は、一度白い紙に押印してそれを写真で取り、専用のアプリで読み込んだりと少し手間取りましたが1時間もかかりませんでした。

法人のはんこだと自作ではリスクや手間がかかってしまうので、個人のデジタルはんこの作成ツールをご紹介していこうと思います。

電子印影というツールについて

ネットでデジタルはんこについて調べていると、はんこ画像作成【電子印影】というサイトが上位表示されていましたのでクリックしてみるとシンプルで分かりやすいサイトが出てきました。

電子印影,イメージ

非常に分かりやすい説明が書いていましたので、手順通りに進みますとあっという間にping形式のはんこをダウンロードすることができました。

試しで作ってみますと、

電子印影,例

1で丸印9.5mm

2で新正楷書

3でと入力してはんこを作ってみますと、このようになります。

はんこ,例

あっという間にデジタルはんこが作れてしまいました。

公的文書には使用できませんが、社内で使う分には申し分ないと思います。

デジタルはんこを自作するリスク

デジタルはんこを自作すると0円でもつくれてしまいますが、その分はんこを悪用されるリスクは高くなります。

例えば、はんこ画像作成【電子印影】で作ったはんこですと同じ手順ではんこをつくれば全くおなじはんこが作れてしまいます。

またデジタルはんこが押された書類からはんこの部分だけ切り抜いてしまえば、同じものが使えてしまいます。

対処法としては、押印した時間や自筆下サインも押印されるようなはんこを使うことです。

Adobe Acrobat Readerを使えば、自作のはんこでも対応することができますがある程度の技術は求められます。

セキュリティのレベルが高いデジタルはんこを作ってくれるサービスを使うのがリスクが少なく確実な方法となっています。

自身のビジネスの規模や状況に合わせてデジタルはんこを用意する必要があるといえるでしょう。

まとめ

デジタル,イメージ

IT化や少子化が進んでいき、日本では日に日に効率化が求められてきています。

ですが、その分リスクをコントールをする必要も出てきています。新しいツールについての法律や使い方は、インプットしていかなければなりません。

筆者もデジタルはんこの記事を書いてみて、考えさせられることが多くありました。

リスクをコントロールできましたらその分、便利に暮らすことができますので日々知識をつけていくことが大切なように思えます。

以上、デジタルはんこについてのご紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT US
行野 伸一
本業は神戸でバルを経営しています。YouTubeもやっていましておうちで簡単に作れる料理にこだわって動画配信をしています。 ブログは、conohaWingのサーバーとstork19のWordPressテーマを使って思うがままに書いています。 独学でプログラミングやスマホのアプリ開発をしたり、SEOの研究をしています。Googleplayでアプリ版のサボリィブログを公開を公開したりもしています。 長年SEOを研究してきましたので、SEOコンサルの仕事もさせて頂いています。現在は、株式会社から4件のSEO対策の契約を頂いております。自身で飲食店をしていてMEOで上位表示できた経験からMEO対策の仕事も数々こなしてもおります。 nextcircleという会社名にしようとおもっていまして、すでにホームページのみ作っております。ご興味のある方は、nextcircleとGoogle検索して頂きますと上位表示されていますのでそちらからご覧ください。 独自でbaseのテーマやWordPressテーマの開発も着手しており、ご依頼を頂いているお客様に使って頂いたりもしています。 ブログ開始1か月で1500PVの達成とみんなのブログランキングで1位を獲得することもできました。現在はブログが半年程経ちまして、月間1万PVを獲得できています。またサボリィブログとは別にサボリィのYouTubeまとめてみたブログというものも開設してみました。 自身のブログの完成度を上げて有益な情報を多くの方に発信できるようにしていきたいと思っています。 2023年に株式会社を設立予定です。ゆくゆくは何年にもかけて構想を練ったアプリを開発して特許を取り、全世界で使ってもらえるアプリをリリースできたらと考えています。